20

コラム 191 初雪
コラム 192

ボラィティリティ指数(VIX)

 

里主コラム 1~10 51~60  101~110  141~150  191~200
里主コラム 11~20 61~70  111~120  151~160  
里主コラム 21~30 71~80  121~120  161~170  
里主コラム 31~40  81~90  121~130  171~180  
里主コラム 41~50  91~100  131~140  181~190  
 
  • 初雪

     先日、徳島の平地が珍しく雪景色となりました。
     当日の気温が最高気温5℃最低気温-1℃(翌日-3℃)はとても寒い一日で、夜間に降った雪のために交通機関がマヒ状態、徳島市とその郊外にある加賀須野大橋と末広大橋は凍結のために閉鎖、幹線道路が閉鎖とあって大渋滞が半日ほど続き、通勤車をはじめ運送業者など大変な思いをした一日でした。
     そんな中、昨年作った吊るし柿越しに屋根に積もった雪景色に思わずパチリ。

    里主191初雪と吊るし柿

     また、バラの盆栽にも雪が積もってなかなかの風情、ちょっとバラが可哀そう。

    里主191初雪とバラ盆栽

     徳島の大渋滞が夜7時のNHKの全国放送で放送されましたが、四国の平地では珍しい風景で、その日と翌日に寒波が居座ったために大変な思いをした2日間でした。

     北国にお住まいの方は笑われるかもしれませんが、雪(寒さ)対策は全くとられていませんから、パニックになるのも仕方がないことと皆諦めています。
  •  

  • ボラィティリティ指数(VIX)

     その変な名前の指数は何?と思われるでしょうが、実は商品取引で値動きから投資家心理をはじき出した指数です。
     別名、恐怖指数ともいわれて通常は10から20くらいの中を行ったり来たりしています。


  •  先般、アメリカ10年物国債の金利が目先の高値を突破して次の高値(3%台)を伺う動きが出て、それを嫌気した投資家が一斉に株を売り、米ダウ工業株30種平均が一日で665$下げて急落しました。 その時のVIX指数は50まで跳ね上がり、投資家心理がいかに恐怖感を味わったか分かります。


  •  過去では2008年のリーマンショックの時は過去最高値の89.53をつけて恐怖の大きさを物語っています。


  •  株をやっている者にとって相場(値段)は人の心理を微妙に変化させて、それが群集心理を伴って数倍数十倍のエネルギーとなって相場を乱高下させます。
     それを傍観者として観る分には心に負担がかかりませんが、その渦中に居る者は大変な心の負担を伴うものです。


  •  農業でも「台風襲来」で低気圧が猛烈に発達して900Hpなどの巨大台風が発生して、しかも予想進路が当地(徳島)を通過する予報が発表されると恐怖指数がグンと上がります。
     それまで一生懸命作ってきた稲が収穫前に全滅にあうわけですから、たまったものではありません。かといってどうすることもできず、運を天に任す以外に方法は有りません。
     そんな時は人命第一で後はケセラセラです。
     台風一過の晴天の下で後片付けに追われ、また一から来年にかける気持ちに切り替える事になりますが口惜しい限りですが、毎年リセットできるわけですから思い様です。


  •  物事にはリセットできない事もあり、そんな時こそVIXの高まりは計り知れません。
     しかし、人間は本能的に「忘れる」ことを身に付けていますから、「時間」が「癒し」てくれ時間の長短はありますが自然にほぐれていきます。
     農業を営む者にとって「忍耐」は備わっていますから、「待ちの姿勢」で自然と向き合い、時が来るまで急がず騒がず過ごします。


  •  世の中と付き合うには、時間軸を大きくとって遠目から眺めるに限ります。