18

コラム 171 ベトナム紀行2017-3
コラム 172 ベトナム紀行2017-4
コラム 173

ベトナム紀行2017-5

 

里主コラム 1~10 51~60  101~110  141~150
里主コラム 11~20 61~70  111~120  151~160
里主コラム 21~30 71~80  121~120  161~170
里主コラム 31~40  81~90  121~130  171~180
里主コラム 41~50  91~100  131~140  181~190
 
  • ベトナム紀行2017-3

     一路、ホーチミンから北に飛んで1800㎞の首都ハノイへ、そこから東に約170㎞の世界遺産ハロン湾(Ha Long)に向かいました。
     「世界の絶景100」に選ばれた奇岩の島々が浮かぶ風光明媚な所です。
     その昔海中に石灰岩が堆積し、後に隆起して長い年月と共に風雨の浸食を受け、その後再び海に沈みましたが、一部は島々となって残り絶景を作りだしています。
     その姿は奇々怪々、人々を魅了してやみません。
     地名の「Ha Long」は「降りる龍」の意味だそうで、龍の伝説が沢山残っています。

     

  •  この地にも開発の手は伸びていて、Sheraton Hotelがリゾートホテルの開発に取りかかっており、ホテルからは絶景が一望できる好立地、流石に世界の一流ホテルは良いロケーションを選ぶものだと感心致しました。
     道を挟んだ奥にはリゾートマンションを建設中ですが、立地場所からして全景を楽しむことは叶いませんが、ゆったりと時間を楽しむには最適の地ではないでしょうか。


    Sheraton Hotelの完成予想図

  • リゾートマンションなどの完成予想図 

  • ベトナム紀行2017-4

 ハロン湾からハノイに戻る途中ハイフォン近郊の田園風景を覗いてみました。
 ベトナムの稲作は三期作(南部)か二期作(北部)、今穂が出そろった所でもう一月もすると稲刈りが始まります。
 日本の田園風景とほとんど変わらず、特に北部は規模が小さく自家消費にされる方が多く南部デルタ地帯に比べて機械化はやや遅れています。
 消毒中の光景を観ましたが、手押しポンプを背中背負って炎天下作業中で、熱射病にかからないか心配する程です。

 

 先日ホーチミンを訪れたとき、市民の生活ぶりを伺うには朝市が必定と、早朝に朝市に似た店筋を歩いて、お米屋さんに立ち寄りました。
 どんなコメをどのくらいの値段で販売しているのか興味津々、見ると糯米が7割近くを占めキチ米が意外と少ないのに驚きました。そしてすべて長粒米です。
 価格は1㎏あたり糯米15,000ドン(≒75円)から29,000ドン(≒145円)、キチ米は11,000ドン(≒55円)から14,000ドン(≒70円)位で、日本人にとっては超安値ですが、ベトナム庶民の月給が2万円から5万円と考えるとこれ位が相場なのでしょう。

 「なるほど」と食事をしていて気が付いたのですが、糯米を油で揚げたものや、お餅にして伸ばして干し、ラップ代わりにお野菜と魚や肉などを包んで頂いたり、ゆで麺にして付け汁とか、どんぶりに入れて具材と合わせてトッピングを楽しみながら頂く料理など、白米そのものを頂く料理にはついに巡り合えず、店頭で糯米が多いわけが解りました。
 気候が熱いので糯米を味付けして炒めたものや煮たものが、理にかなっているからでしょう。

 

  • ベトナム紀行2017-5

 ベトナムはインフラ整備が最重要課題ですが、財政難から進捗が遅れており、ロシアや日本が受注予定の原子力発電所建設計画が中止に追い込まれたりしています。
 そんな中で、グエン・チ・ズン計画投資相が来日して、PPP(官民パートナーシップ)を導入して関連法の整備に着手し、今後10年間に4,000億💲規模でロンタイン空港・南北高速道路・南北高速鉄道等を作る計画等を発表しています。
 そんな訳でハノイ駅に行ってみますと、駅は閑散として人もまばら、東京駅を想像している者にとっては拍子抜けの光景でした。そして利用客が少ない理由がすぐに解けました。ハノイ・ホーチミン間の列車は一日に数本、しかも3日がかりで1800Kmを旅しなければならず、時間通りに動かないのが常態化していることです。

 

 ハノイの次の駅に立ち寄り時刻表と照らし合わせて見ると2時間以上は遅れています。
 これには驚きですが当地の方は平然としていて、駅構内で荷物を一杯抱えて列車の来るのをのんびりと待っている人々を見ると、大陸的郷愁を覚えてしまいました。

 

 

 これに比べて格安航空LCCのハノイ・ホーチミン間は満席、私が利用した便も僅か66💲ですから、安く・早く・便利です。
 同行の友人が間違ってビジネスクラスのチケットを買って三倍も高く支払って嘆くことしきり、しかもビジネスクラスはガラガラ、空席は離陸間近になってエコノミーを買って乗れなかった人をビジネス席に誘導して即満席、 しかもお金はエコノミーのまま、シートも座席間隔もエコノミーと同じですから、この違いは無料の食事が出るくらいで超割高となっています。


 現在の処、人の流れは完全に航空便となっています。しかも格安航空が猛烈にシェアを拡大中です。ベトナム航空とLCCのシェアはわずか1%と肉薄しています。
 高速鉄道が完成すると7時間程度で行かれますから、車の普及に合わせて人の動きにまた変化があるかもしれませんが、まだ未だ遠い話です。

  •  

ページトップへもどる