23

 

コラム 221 朝食
コラム 222 竹細工

 

里主コラム 1~10 51~60  101~110  141~150  191~200
里主コラム 11~20 61~70  111~120  151~160  

201~210

里主コラム 21~30 71~80  121~120  161~170 211~220
里主コラム 31~40  81~90  121~130  171~180 221~230
里主コラム 41~50  91~100  131~140  181~190  
 
  • 朝食

     梅雨入りが2週間以上ずれ込んで入梅になっていませんが、久しぶりに前線が通過して、春雷と共に1時間で40ミリを超える激しい豪雨となりました。
     天気が回復した翌朝6時半ごろに近くの城山に登ってみると、落ち葉や枯草が奇麗な波紋を描いて自然の造形美ができていました。
     洗い出された雑草の種や小さな昆虫などがあらわになって、野鳥たちにすれば大変な御馳走がテーブルに並んでいる感じです。
     野鳥たちは当然一日中食事にありつけず、只じっと嵐が過ぎるのを待っていたのでしょう。
     数羽の野バトがそのご馳走にありついて無心に頂いていました。

     日本人で朝食抜きの方は男性15.0%、女性10.2%、20代の方が一番多いそうです。
     一般的には健康に悪いと言われていますが、ダイエット健康法などの目的で食事を摂らない方もおいでになります。
     食生活のリズムが壊れるとやはり体調を崩す確率は高いと思いますが果たしてどうなのでしょうか?

     昔から「腹八分目」と言いますから、胃に負担のない適量を三度三度頂いてはどうでしょうか。

  • 竹細工

     昔は竹を使った籠、ザル、筒、桶など農具が沢山あり、柄杓など食器道具も結構なアイテムが揃っていました。
     釣り竿は子供の頃、七輪に炭火をおこして油抜きをし真っすぐに整えて繋ぎ竿を作り、鮒釣り用、アユ釣り用、磯釣り用など太さや長さ、しなり具合など拵え、沢山釣れるように工夫した思い出が有ります。
     ウナギを採る道具は孟宗竹を利用して片方の節を残して真ん中の節を抜き、入り口になる節を抜いてそこに竹を円錐形に編んではめ込み入り口を作り、餌になるオタマジャクシを入れる蓋を側面に切り開けてシュロ縄で括って仕上げ、それを1年間田んぼ(沼地)に埋けて竹の灰汁を消して土の臭いを馴染ませて仕上げます。梅雨時期から夏場の夕暮れ時、近くの小川で居そうな場所に仕掛けて翌朝引き上げます。 20本余り仕掛けて多い時は7~8割は入って、それも2匹入っている筒(ツツ)も結構ありました。
     それを夕飯に合わせて背割し七輪の炭火で焼いて、押し麦入りご飯にかば焼き、香りとタレの味は最高で、ウナギの骨だけは別焼きして甘辛目のダシをつけて頂くとこれが絶品です。
     今は天然物が本当に少なくなって、養殖も稚魚が激減して高騰、高根の花になりつつあります。
     私はお茶が好きなので茶筅や茶杓、柄杓は欠かせませんが、趣味道楽に愛用する程度だと用途は限られています。
     工芸品や民芸品としても加工され、徳島は阿波踊りで有名ですから竹を使って「連」(集団)表現してみやげ物などとして販売されています。
     10年程前に知人から頂いた工芸品に「蜂」が有ります。
     精密に作られていて紙箱に保管していたのですが、先日、額縁屋に依頼して別注の額縁に収めて飾ることとしました。

     結構リアルでしょう。